本が苦手な人でも応用可能!いまの気分を大切!「いま思考」読書術

勉強・ハウツー

Booon👊はい👋皆さん元気ですか!?エグチです(ど~ん!!)

突然ですがみなさんは本読みますか?

 

 

僕の周りにはほとんど読書する人の割合がどんなに多く見積もっても2:8で圧倒的していない層が

多数を占めていると思われます。【仕方ないですね(-_-;)】

 

 

個人的な見解ですが

 

  • 年代を問わずにネットで簡単に情報をインプット可能になった。
  • 難解な本も図やマンガを十分に活用した、まとめサイトの増加。
  • 読書よりも脳に刺激が簡単に手に入れやすい動画コンテンツが豊富。
  • you tubeを代表する動画で本を解説するクリエイターが増えた。

 

 

つまり、読書一つを切り取っても、楽しみ方が多様に有るので、文字だけを読み進める読書のコストパフォーマンス

の悪さに消費者が気付いてしまったと僕は推測しています。

 

 

日本著書促進センターの調べによると1999年にあった書店数は2万2296店ありました。

それが、2017年になると1万2526店と約1万店舗も縮小されています。

 

 

 

一方、電子出版市場は2017年に初めて電子コミックに限っては販売額が紙と逆転現象が起きています。

さらに「近所の書店」の存在を脅かす、Amazonを代表する「ネット書店」です。指定した日時に本が配達される利点。

 

 

Kindle Unlimited 』を代表する、読み放題サービス。月額980円で10万冊以上の本を読むことのできる超お得

な電子書籍読み放題です。

【※残念な点がは、 10冊以上の本を同時にダウンロードできないという冊数制限です※】

電子コミックの逆転現象に続き、専門書も電子が紙媒体を逆転するのではと予想しています。

 

 

 

とはいえ、電子書籍と一部の大型書店、便利なコンテンツだけでいいのか。

せっかくなら自分でここが心に刺さったと思う部分を自分なりに覚えたくないか?

スマートにまとめられたサイト(ネットの情報)だけで満足して良いのか?

 

 

 

もちろん本を読むって時間とお金の投資をしなくてはいけない。今の人の感覚だと【自由時間主義】

とにかく自分の時間を奪われることに非常に敏感になっている。

※詳しくはコチラ:ミレニアル世代(若者)の価値観やトレンドについて考えてみた

 

 

僕の持論ですが、読書は脳のトレーニングだと思います。

ネットの情報は確かに便利だけど自分が「あ~だ」「こ~だ」考察しながら読まないです。

簡潔にパッケージかされ、理解出来る様に図解まで追加され更には、解説動画まであるケースもあります。

 

 

運動に例えれば、ウォーキングと同じなんですよ。気軽に出来て時間もあっという間に過ぎるけど、

振り返ると、なにか残っているかと言えば、実は実りがない。

 

 

 

逆に本を読むってことは時間も本にお金も投資してさらに自分の感情や置かれている立場を投影して

ようやく著者の知恵や知識を分けて貰える。

 

 

つまり、脳の筋トレやランニングなんです!

確かに、コストパフォーマンスが高いとは言い切れないけどこれだけは断言出来ます。

 

 

 

『本を読まないで賢くなった誰一人として人はいない。賢くなる為には必ず通る道。

しかし、本を読んだからと言って必ず賢いわけでもない。』エグチ

 

 

 

今回はオープニングが長くなりましたが、それでも本を読むのことが苦手だよと言う人向けに

時間が大切な【自由時間主義】の皆様に届ける。【いま思考的読書術】について書いて行きます。

 

理想は立ち読み読破・雑誌も立ち読み読破

 

 

ド頭から身も蓋もないです。

理想は立ち読みで全部済ませる!

 

 

 

断言します。結局は本の中身の8割は、著者が伝えたい2割の為にある。

本はページ数を割増しする為に余計な情報をこれでもかと詰め込みます。

 

 

 

著者が伝えたい2割はどうすれば判断できる?

 

 

 

それは簡単です。

本は原則論理的に構成されいるので、

各章の最後と最後の章を読みましょう。

 

 

立ち読み(流し読み)のコツは、まず【タイトル・帯・目次】で中身を予想する。

大枠で自分の予測と本の内容が あっているか?外れているのか?

 

 

 

多くの本はタイトルと目次だけで、大まかな内容が把握出来る様になっている。

タイトルと目次をみてもピンと来なかった場合は、自分が知らない世界が書いている可能性が高くなる。

 

 

 

パターンを解説!

気になる本を発見!⇒タイトルと帯を確認⇒自分で内容を予想する⇒目次を確認⇒目次から内容を予想⇒

内容が予測できない部分を読む⇒後は気になった部分の目次を読む⇒予想と近いか考える

 

 

 

つまり、自分の予想と本の内容が合致していたか確認するだけ、時間的に約5分から長くて10分で終える。

その5~10分で内容が合致していれば正解(OK)

内容が間違っていて尚且つ理解出来なければ、今読んでも難解な本だと思うので購入は見送った方がベター。

 

 

 

背伸びをして難書に挑戦するのはとても素敵ですが、

結構な割合で挫折しますよ(苦笑い)

 

どれだけ良い本でも読み終えて3日も経過すれば綺麗さっぱりに忘れるのが人間です。

いま的読書術では優雅に『いま欲しい情報』『いま読みたい情報』にだけフォーカスして下さい!

 

本を読むタイミングは○○が絶対的に正義

 

 

 

上記の選別を経てそれでも気になる本は迷わず購入すべし、次のステップは購入したその日に読むのが一番面白い

時間の経過と共に本への意欲が下がるから絶対にその日に出来るだけ素早く読むべし。

 

 

つまり、スーパーマリオのスターを獲得した状態に近いです。スター状態はもうやる気MAXです。

この時にどれだけ読み進められるかが勝負になります。※やる気についてはコチラ※

 

 

 

一番の理想は購入後のその日の内に読破して【メルカリ・ヤフオク!・BOOKOFF】で転売です。

在庫を抱えるリスクを最小限に留めてることが可能で、発売した本は転売価格が高いので高値で取引されます。

それでも、なんか気になるなと思う本は家に据え置き確定!

 

 

電子書籍が紙の本より流通が上回らない・取っつきにくい理由はずばり3つあります!

 

  1. 紙の媒体より安くない
  2. 転売が出来ない
  3. 読み飛ばしが難しい

 

 

データなのに紙媒体と同じ値段ってなんなでしょうね?

ハッキリ言って電子書籍なら紙媒体の半額とか3割減でないと売れない気がします。

 

 

 

後は、データよりも物体として所有している方が価値が高いと考えてします悪い癖が抜けません。

紙の本のメリットはサッと読んでさくっと転売できる。

電子書籍は転売出来ない意外に読み飛ばしが難しいので中々普及率が上がらないと思います。

 

本と向き合うコツ!

 

 

前提条件として、本を1冊読めなかったからと言って気落ちする必要なし。

 

 

1000円もってカフェとかにいって読み進める。

※騒がしい場所は厳禁です※

 

 

スマホ・PC・タブレットは厳禁

読書だけに没頭できる環境が貴方をより賢くさせます。

※耳栓やノイズキャンセルイヤホンを着用だけして読書に集中するのも効果的です※

 

 

環境を整備して1000円の身銭を切って、30分から60分読んでみて

やっぱりこれは違ったなと感じたら、『他の人の知となり肉となりなさいと優しく問いかけてから』

メルカリ・ヤフオク!・BOOKOFFへ放流して下さい。

 

 

 

なぜそんなに簡単に放流するかと言うと、ずばり、理由は読書って先ずは数をこなす事が前提条件。

頭からつま先まで全て読まないといけない強迫観念が強い人が多過ぎです。

読み飛ばし上等の心意気をもっていると結果的に、内容の把握や論理的思考を鍛える近道になる。

 

本当に良書とは何なのか?

 

 

可能なら自分に合った最良の本選びをしたいな・・・

 

確かに書店をみても何十万冊と並べられると選択疲れしてしまいますよね!

そこで以下の4つの基準から最良の本選びをお伝えします。

 

 

本で得た情報でその瞬間から行動が変わるものは、その人にとってジャンルを問わずに最良書です!

その次、行動までは変わらないが、マインドが変わる本です!!

その次、行動やマインドは変わらないが新しい知識や表現を学べればまぁ合格!!!

最後は、読んだけど上記3つに属さないのは残念ですが、まだ早かった可能性が高いです。

 

 

本を読み終えた時に行うと更に記憶の定着が促進される行動っては3~5行でまとめる。

印象に残った話しとそれに付随する行動計画を立てる。

友達・家族・YouTubeやブログやnoteなどに記録しておくのもおススメ。

 

 

つまり、【①読んだ本の数×②良い本に出合う確率=③行動の促進・マインドの変化・知識の蓄積】ってことです!

 

 

 

【まとめと告知】

いかがでしたでしょうか?
今回の『いま思考読書術』ネットだけで情報を検索しても十分ですけど、
やっぱり一ヶ月に1冊は読んで欲しいなと思います。
何か考える際に、無意識にネットのまとめサイトやYouTubeから検索する発想になってませんか?
本日から以下の6つのことを念頭に置いて早速本屋さんへ直行だ💪
  1. 本を読むことは脳の筋トレ、ネットサーフィンは散歩。※散歩だけでは鍛えられない!
  2. 流し読みのコツは【タイトル・帯・目次】で中身を予想する。5分~10分で1冊を確認できる!
  3. 購入したその日に読破が一理想的!本への熱量は購入後が一番高い時に読破すべし!
  4. 読書だけに没頭できる環境を整備しろ!(良い読書のコツは量をこなす事から始まる)
  5. 環境を整備して読んでも面白くない本は即日【メルカリ・ヤフオク!・BOOKOFF】で転売
  6. ①読んだ本の数×②良い本に出合う確率=③行動の促進・マインドの変化・知識の蓄積
21世紀の変化の時代を生き抜くために〜
人生100年時代の到来を予測し、「人間には生涯を通じて、自分をどんどん変えていく能力が必要」 が迫られています。
20世紀までの【教育・仕事・引退】【学ぶ時期 学んだことを活用する時期 この概念が根底から変わります。
ステージの垣根を取っ払った人生が到来すると断言します。
人生を生き抜く上では、絶えず新しい知識を学び続け、新しい経済状況・新しい社会環境に適応する時代へ突入します。
変化への対応力の有無によって今後の人生が大きく変わることは言うまでもないでしょう。
チャールズ・ダーウィンはこう提唱します!
『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。
唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。』

今後生きる為に僕が必要な5Gではなく5つのCが鍵になる。

 

  1. Creative:クリエイティブ:(創造性)
  2. collaboration:コラボレーション:(共同作業)
  3. community:コミュニティー:(共同体)
  4. change:チェンジ:(変化)
  5. challenge:チャレンジ:(挑戦)

 

 

この5C無限ループ出来る人が世の中を劇的に変化させると信じています。

そこで僕と一度話してみませんか?

  1. ・次のステージに行きたい人・変化したい人
  2. ・取り柄のない自分から変化・進化したい
  3. ・「本当は〇〇してみたい!」けど他人の視線が気になり、アクション出来ない
  4. 忙しさに追われるの毎日から抜け出したい
  5. ・色々な価値観を持つ仲間とともに目的・目標を達成したい方

 

 

なんだコイツ!単純に面白そうと思った人、理念に共感できる人は話しをしましょう。

そこの貴方の~変化の時代を生き抜くための~サポートを今なら僕がお手伝いします。

 

 

TwitterのDMやお問い合わせにメッセージ頂ければ非常にうれしいです。

目標の再定義について助けます やる気の低下・挑戦への恐怖をコーチングでそっと後押しします。

もしこの記事が一瞬でも面白かったと思ってくれたなら、ぽっちとソーシャルメディアでシェアしてください。

シェアした人は今日一日が人生で最高の日になること間違いないです。

 

 

シェアは光の速さで世界を超えて宇宙にまで拡散させて下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました