人生を変化させたい人は「今の○○」に投資しよう【小さな変化のコツ】

未分類

 

Booon👊はい👋みなさん元気ですか!?エグチです。

 

 

 

いよいよ経済活動を再開しないとマズいと感じて一部、道府県を除いて緊急事態宣言がなされましたね。

 

 

 

解除されたら休業していた店も動き出すだろうし、人の出が増えるのは確実ですけど

今までリモートワークで対応できていた会社にはぜひ、「解除されたからオフィスへ出勤~♪」ではなく

しばらくはリモートワークへの継続を支持するのか見ものです。

 

 

 

新型コロナウィルスの一件でリモートワークで会社に来なくても仕事できるのが分かったと思う。

オフィスの家賃を含めた営業経費などの削減を考えるいい機会になったので、

 

 

 

リモートワークを真剣に導入する企業は、間違いなく増えてくれればいいなと思いますが

頭の固い役職の人なので恐らく染み付いた方法でしか仕事は進めなさそうだと思います。

 

 

 

今回は、当たり前に出来ていたことが、出来なくなることで、実は新しい仕組みへの移行する大チャンス

なんですと言う記事を書いて行きます是非最後まで目を通して下さい。

 

 

 

真新しいことへの嫌悪感を解説!

 

 

我々は今やってることを新しいことに移行するには、

移行してもメリットを得られることが知識として理解出来ていても中々、習慣定着化するのは困難です。

 

 

 

※移行前と移行後を比べて2倍~3倍良くならないよ
継続は出来ません※

 

 

 

なぜ定着しないのか?

 

 

 

なぜ、移行することでメリットが享受出来るのに、行動が継続出来ないかと申しますと、

移行までの時間と手間暇がかかるのでついつい前のやり方に固執してしまいます。

 

 

 

 

人間が変化を拒む動物なのはDNAレベルでプログラミングされているので仕方ないです。

どんなに優秀でも顔が良くても例外は一人として存在しません。

 

 

 

コンフォートゾーンとは、「快適な空間」を意味する語である。心理学などでは、ストレスや不安が無く、限りなく落ち着いた精神状態でいられる場所を指す。また、天文学の世界では、生命が存在する可能性があるハビタブルゾーンの別名である。※:Wikipedia:引用

 

 

 

結論を言えば、快適な空間に居続けると人間はその環境になれ、自然と変化を拒みます。

人が挑戦と変化をして行く上では、3つのゾーンを理解する必要があります。

 

 

 

  • 1つ目がコンフォートゾーン(ぬるま湯)
  • 2つ目がラーニングゾーン(熱湯)
  • 3つ目がパニックゾーン(沸騰)です。

 

 

 

3つ目のパニックゾーン(沸騰)へ身を投じることは、身体や頭がキャパオーバーになり生命の危険性が

伴うので絶対にお勧めしません。

 

 

それならば、2つ目のラーニングゾーン(熱湯)で意識や身体感覚を徐々に磨いて自身のキャパを

上げる努力をした方が得策です。

 

 

ここまでのまとめ

  1. 人は真新しいことに対してDNAレベルで変化を拒むようにプログラムされている。
  2. 挑戦と変化をして行く上では、3つのゾーンが存在する。
  3. ラーニングゾーン(熱湯)の幅を徐々に大きくすることが非常に重要

 

 

このタイミングが最高のチャンスなんじゃないか説!

 

ところがこの時期(新型コロナウィルスの影響)でこれまで当たり前に

出来たことが急にできなくなると真新しいことへ移行せざるを得ません。

 

 

 

今までの当たり前が強制的に出来ないのならば、移行することをチャンスだと思い込んで継続していくと、

実はその方が割と快適だったことを実感します。

 

 

 

是非とも、これまで自然とやっていたことができなくなったことを不満に思わず、

大チャンスだと思って色々活用してみてください。

 

新しいことはゲームのレベル上げ感覚で取り組もう!

 

 

 

 

 

 

行動科学者の権威・バラス・スキナー曰く、

物事を始める「きっかけ」と、物事を達成した「報酬」を統一し、それを学習することで、

物事を進める強固な習慣が出来上がります。

 

 

 

 

キッカケ(意欲)⇒行動⇒報酬のルーティーンが重要

 

 

 

エグチは『好き』な事だけど『できない(才能がない)』事をずっと挑戦していましたが、挫折続きでした。

それなら『好き』な事よりも『できる(才能がある)』事のほうを重点的に攻める自分はやれば出来る

達成した感覚を脳🧠に記憶させる方法も一つの戦略だと思っています。

 

 

 

 

なにが習慣化するかは正直神様ですら分からないです。

 

 

一つおススメの方法をシェアさせて下さい!

 

 

ズバリ

 

 

自分の予算の範囲で環境や道具にお金を投下することです。

 

道具選択は処分方法も念頭に入れて、環境(コミュニティー)あと腐れなく退会出来ることが大切です!

 

 

 

なぜエグチが様々なものに道具・環境を整える事が重要かと申すますと、

時間割引率を乗り越えるための手段として、とても有効だからです。

 

 

 

 

具体的には、最初のコミットメントもできますし、視覚の刺激コミュニティーに他人が頑張っている

ことによってきっかけにもなります、また表面的に効果も上がりやすいので習慣化しやすいのです。

 

 

 

ここまでのまとめ

 

  1. 物事を始めるにはキッカケ(意欲)⇒行動⇒報酬のルーティーンが必須
  2. 『好き』な事よりも『できる(才能がある)』ほうを重点的に攻めるのも良い戦略
  3. 自分の出せる予算の範囲で道具・環境に投資しましょう!

 

 

 

【まとめと告知】

いかがでしたでしょうか?

 

 

我々は老化していき、最後は壮年期や老年期を迎えますが、

その時に大切なのは実はお金だけではなく、健康習慣を筆頭とした 「良い生活習慣」「良い思考習慣」です。

 

 

この二つが欠けていると、自分も幸せになりませんし、周りの人にも迷惑をかけ続けることになります。

お金や健康や人間関係に不自由しないためには、良い習慣の貯蓄が必要ですね!

 

21世紀の変化の時代を生き抜くために〜
人生100年時代の到来を予測し、「人間には生涯を通じて、自分をどんどん変えていく能力が必要」 が迫られています。
20世紀までの【教育・仕事・引退】【学ぶ時期 学んだことを活用する時期 この概念が根底から変わります。
ステージの垣根を取っ払った人生が到来すると断言します。
人生を生き抜く上では、絶えず新しい知識を学び続け、新しい経済状況・新しい社会環境に適応する時代へ突入します。
変化への対応力の有無によって今後の人生が大きく変わることは言うまでもないでしょう。
チャールズ・ダーウィンはこう提唱します!
『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。
唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。』

今後生きる為に僕が必要な5Gではなく5つのCが鍵になる。

 

  1. Creative:クリエイティブ:(創造性)
  2. collaboration:コラボレーション:(共同作業)
  3. community:コミュニティー:(共同体)
  4. change:チェンジ:(変化)
  5. challenge:チャレンジ:(挑戦)

 

 

この5C無限ループ出来る人が世の中を劇的に変化させると信じています。

そこで僕と一度話してみませんか?

  1. ・次のステージに行きたい人・変化したい人
  2. ・取り柄のない自分から変化・進化したい
  3. ・「本当は〇〇してみたい!」けど他人の視線が気になり、アクション出来ない
  4. 忙しさに追われるの毎日から抜け出したい
  5. ・色々な価値観を持つ仲間とともに目的・目標を達成したい方

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました