【好きなことで生きていくには⁉】好きなことを発見するには逆説的に考えよう

日常

はい👋いらっしゃいませ!みなさん元気ですか!?

『ステキな暇つぶし』と言う名のブログを運営しているエグチです。

 

 

 

読書をしたり、筋トレをしたりorしなかったり、15年間ほぼ毎日10㌔ダラダラと走り、地味に健康に注意を払い、

最近は頭を鍛える為に、ブログの執筆、コミュニケーションの改善の為、コーチングのスキルを磨きながら、

毎日ステキな暇つぶしを実践しています。

 

 

最近更新頻度が非常に下がっていたのはワードプレスのエラー404の解決方法が見つからなかった

ので中々更新が出来なかっただけです。

 

 

 

 

本題に入る前に、基本的に脳の記憶に関するメカニズムについてお伝えします。

 

 

生死に関わること
生活に根ざしたこと
強い感情と結び付いたこと

 

 

上記の3に関連することを人は優先的に記憶するようにできています。

本日も5つの超えるべき壁(5つのnot)

 

 

  1. Not Search(あなたのコンテンツは検索されていない)
  2. Not Read (あなたの文章を読まれていない)
  3. Not Believe(あなたの文章を信じてもらえない)
  4. Not Understand(あなたの文章は理解されていない)
  5. Not Action(あなたの文章を読んでも行動を起こさない)

 

 

 

この大きくそびえ立つ壁を超える為に試行錯誤していくので○○すればもっと良くなる。

 

もっと○〇について書いて欲しい。

もっと○○について詳しく書いて欲しい。

 

 

もっと更新頻度を上げて欲しい。

なんでも構いませんので是非コメント下さい。

 

好きな事で生きていく⁉

 

今から6年前にこんなキャッチコピー流行ったの覚えていませんか?

 

 

『好きなこと、で生きていく』

 

 

これは、YouTubeのキャッチコピーの一つであり、基本理念だそうです。

基本理念とは知らなかった人は多いと思いますが、なんとなく一度は目にしたり耳で聞いたことが

有ると思います。

 

 

でも『好きなこと で生きていく』って現実的に出来てる人ってほんの一握りの特別な才能を持った人

だけではないのかと思いますよね?

 

 

 

ぼくも、究極的に『好きなことだけで生きていく」ことを実践出来ている人はごく少数なのではと思います。

 

 

 

世の中には、好きで堪らなくて気がついたら、お金を稼げるようになっていたという人達がいます。

その一方、自分が本当にしたいことが分からなくて、

なんとなく毎日の生活費を稼ぐためだけの仕事をしている人達もいますよね。

 

 

 

本当にやりたいことを見つけた人達は、一体どうやって見つけたのでしょうか?

今回は、本当にやりたい事を見つけるために効果的な方法や、マインドについて書いて行きます。

 

 

 

 

嫌いから好きをあぶり出す

 

やりたいことって何?

純粋だった子供頃から、サッカー選手になるのが夢だった。

ミュージシャン・ムービー・スターになって、大舞台で感動を・・・

 

 

 

いつかは自分の映画を取りたい、個展を開きたい。

海外で社会貢献、世界中を飛び回って、自分の考えを主張したい。

故郷に錦を飾り、学生時代の仲間と飲み会する。

 

 

 

 

夢や目標でも、大きいこと小さいこと、実現が簡単そうでもそうでなくても、やりたい事がある人はいい。

やりたいことがないと、なにか自分がダメなのではないかと、心配してしまう。

 

 

 

 

やりたい事は?って聞かれると困りますよね?

やりたいことがないとダメなのかな。

 

 

 

やらなきゃいけない事なら山ほどあるけど。

自分のやりたいことってなんだろう?

 

 

 

見つける方法は1つ。これを腹に据えて下さい。

 

 

  1. ・何がしたくないのか
  2. ・何がしたいのか
  3. ・何をすべきか
  4. ・何ができるか

 

 

何がしたいのか?と問われると回答に困る人は『何がしたくないのか』ということは

嫌なことを嫌いなことやりたくないことを片っ端から上げてみる。

 

 

 

 

 

上司の嫌味、お客さんって偉そう出して偉そうにしている人に頭を下げること。

ゴミの分別、身内からの結婚は?と言うプレッシャー。

 

 

 

朝の満員電車、同僚の開口一番の愚痴と、パソコントラブルを解決できないこと。

部屋の片付け、会社で毎日書く日報をあるファミレスで騒いでる子供。

運動してもなかなか減らない体重

 

 

 

やりたいことって言われる、ちょっと困るけど、実はやりたくない事は結構出てくると思いませんか?

これ以上ないってくらいだし尽くす。

 

 

清々しいほど、すっきりした気分になります。

今度はその考えに至った裏を考えてみる。

 

 

 

  • 上司の嫌味→打ち解けた話がしたい。
  • 頭を下げる→自分のことを認めと欲しい
  • 朝の満員電車→時間に余裕がある生活
  • 毎日の日報→効率のいい仕事環境

 

 

 

今まで見えなかった、何かが見えてくるで炙り出してみてください。

 

人を目指すのではなく○○にフォーカスすべし

 

 

「寒い冬は暖かい南国へ、暑い夏は涼しい北国へ、世界中を飛び回れる人になりたい。」

「YouTubeで好きなことを喋っているだけで、大金稼げるなんて羨ましい」

 

 

 

テレビやSNSなどでいろいろな人の活躍を見ていると漠然と「こんな人になりたいなぁ。」

って不意に考えてしまいますよね?

 

 

 

実は人に強い憧れを抱くと自分の軸が無意識にブレてしまいます。

そんな軸がブレた状態で意を決して決断しても成功出来る確率は格段に下がります。

 

 

 

 

なんで『人」を目指すと成功確率が下がるのか?

 

 

 

答えはシンプル、あなたは「その人」ではないから。

そこに至るまでの成功へのルートまでは見つける事ができません。

 

 

 

自分のしたいことをする事で得られる結果と、他の人がしたいことをした結果は、全くの別物です。

「こんな人になりたい」ではなく、「こんな事をしてみたい」と考えてみましょう。

 

 

 

ドラえもんのオープニングと一緒です。

 

 

 

 

こんなこといいな できたらいいな
あんな夢こんな夢 いっぱいあるけど
みんなみんなみんな かなえてくれる
ふしぎなポッケで かなえてくれる

 

 

 

これ「人」にはフォーカスしてませんよね⁉

あくまでもやりたいことにフォーカスしているんです。

 

 

 

○○みたいな大金持ちになりたい!

○○さんみたいに業界で第一人者として活躍したい

自分らしさ、自分軸を大切にして下さい。

 

 

 

もちろん成功へのロールモデルとしてその人を参考にするのは構いません。

過度にその人への崇拝や憧れではなく程よくいいとこどりを狙っていきましょう

 

 

 

自分らしさを知りたいならコチラをご覧ください。

【insight】今の自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己認識の力

 

【まとめと告知】

いかがでしょうか?本当に今回の記事では以下の4つのポイントに付きます。

 

 

  1. ・何がしたくないのか
  2. ・何がしたいのか
  3. ・何をすべきか
  4. ・何ができるか

 

 

インフルエンサーやメディアに煽られるっぱなしだと心身共に疲弊していると、楽しいことも

楽しめなくなります。

 

 

『何がしたいのか』で自分のコレってものが見つからないと感じた人は

『何がしたくないのか』を基準に決めて下さい。

 

 

 

 

人工皮革を製造・販売する化学メーカーのクラレさんと日本FP協会さんの調査の結果では違っているのも

楽しいですね。

 

 

男の子はスポーツ関係の職業が花形でやっぱり不動の一位を死守しています。

YouTuberがランキングに入っていますが、思ったより伸びていませんね。

 

 

 

 

自分がこれは楽しいと思ったことに3ヶ月は没頭してみましょう。

少しでも気乗りしないな~・・・と感じたなら一旦別の気になるモノへ挑戦

とにかく、時間は有限なので、気になったら飛びついてやってみることをおススメします。

 

 

 

 

そこで気付くのは、努力が努力と感じなくなり、いつの間にか習慣化が定着しています。

「行動しよう」と思わないといけないのは、好きではない可能性が高いです。

 

 

 

 

好きなことをしていれば、自分で書籍を読んで調べたり、発売日に朝早くに起きて、行列に並んだりできます。

「するな」と言われても、してしまうほどです。

 

 

 

行動しようと思わなくても行動していることが、本当に好きなことです。

行動力は、好きという気持ちの大きさに比例します。

 

 

 

「行動しよう」と決心しているうちは、まだ本当に好きではないかもしれません。

あなたが行動しようと思わなくても、行動してしまうことは何ですか。

 

 

 

21世紀の変化の時代を生き抜くために〜
人生100年時代の到来を予測し、「人間には生涯を通じて、自分をどんどん変えていく能力が必要」 が迫られています。
20世紀までの【教育・仕事・引退】【学ぶ時期 学んだことを活用する時期 この概念が根底から変わります。
ステージの垣根を取っ払った人生が到来すると断言します。
人生を生き抜く上では、絶えず新しい知識を学び続け、新しい経済状況・新しい社会環境に適応する時代へ突入します。
変化への対応力の有無によって今後の人生が大きく変わることは言うまでもないでしょう。
チャールズ・ダーウィンはこう提唱します!
『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。
唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。』

今後生きる為に僕が必要な5Gではなく5つのCが鍵になる。

 

  1. Creative:クリエイティブ:(創造性)
  2. collaboration:コラボレーション:(共同作業)
  3. community:コミュニティー:(共同体)
  4. change:チェンジ:(変化)
  5. challenge:チャレンジ:(挑戦)

 

 

この5C無限ループ出来る人が世の中を劇的に変化させると信じています。

そこで僕と一度話してみませんか?

  1. ・次のステージに行きたい人・変化したい人
  2. ・取り柄のない自分から変化・進化したい
  3. ・「本当は〇〇してみたい!」けど他人の視線が気になり、アクション出来ない
  4. 忙しさに追われるの毎日から抜け出したい
  5. ・色々な価値観を持つ仲間とともに目的・目標を達成したい方

 

 

なんだコイツ!単純に面白そうと思った人、理念に共感できる人は話しをしましょう。

そこの貴方の~変化の時代を生き抜くための~サポートを今なら僕がお手伝いします。

 

 

TwitterのDMやお問い合わせにメッセージ頂ければ非常にうれしいです。

目標の再定義について助けます やる気の低下・挑戦への恐怖をコーチングでそっと後押しします。

もしこの記事が一瞬でも面白かったと思ってくれたなら、ぽっちとソーシャルメディアでシェアしてください。

シェアした人は今日一日が人生で最高の日になること間違いないです。

 

 

シェアは光の速さで世界を超えて宇宙にまで拡散させて下さい

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました