【断言】最速で成果を出す方法は「TTP」です【成功率が高い】

勉強・ハウツー

はい👋いらっしゃいませ!みなさん元気ですか!?

『ステキな暇つぶし』と言う名のブログを運営しているエグチと申します。

 

 

読書をしたり、筋トレをしたりorしなかったり、15年間ほぼ毎日10㌔ダラダラと走り、地味に健康に注意を払い、

最近は頭を鍛える為に、ブログの執筆、コミュニケーションの改善の為、コーチングのスキルを磨きながら、

毎日ステキな暇つぶしを実践しています。

 

 

 

本題に入る前に、今日の小話を夏目漱石は名作『吾輩は猫である』で「三かく人間」のことを書いています。

「義理を欠く」「人情を欠く」「恥をかく」「三かく」と言います。

 

 

 

主人公の珍野苦沙弥先生が、昔の下宿仲間で現在は実業家になっている鈴木藤十郎に向かって、

「僕は実業家が学校時代から大嫌いだ。金さえ取れればなんでもする」と言ったところ、

 

 

鈴木は「金を作るにも三角術を使わなくちゃいけないというのさ

──義理を欠く、人情を欠く、恥をかく、これで三角になるそうだ」と返します。

 

 

 

ちなみに義理・人情は日本社会の構造や日本の社会と文化に根ざした習俗であり

日本人の心情の秘密を解く一つの鍵であるが、その正体は案外わかっていいないのが実情である。

 

 

 

個人的な解釈では義理と人情とは、お世話になった人の恩を忘れないこと、

思いやりの心を持ち続けること、つまり個人の美徳なのではないだろうか?

 

 

 

義理と人情を欠くとは、人の恩を忘れ、周囲の人たちに対する思いやりの心を持たないこと。

恥をかくことを恐れないということは、後ろめたい行為や恥ずかしい行為も、

利益が有れば平気で行える度胸があることです。

 

 

 

つまり「三かく」とは「卑劣」であることと同じです。

お金儲けをするには「三かく人間」=「卑劣」でなければできないと、漱石は「吾輩は猫である」の作品で

鈴木藤十郎の口を使って「金儲け」について批判をしています。

 

 

 

ここから得られる教訓は何事もいい塩梅で物事は進めましょうってことです。

人を裏切ったり、騙したり、自分の品格を落とす行為は極力避けて通りたいですね。

 

 

 

 

因みに夏目漱石の「吾輩は猫である」の作中に主人公の苦沙弥(くしゃみ)先生が、

先生は妻の話を聞きながら悠然と鼻毛を抜き、それを原稿用紙の上に並べるシーンがある。

 

 

 

 

鼻毛を抜くくらいなら小説でも一応は使われるかもしれないが、

実はこの話は漱石の実際の癖(鼻毛を抜く)行為が元になっています。

 

 

 

先ほどの「義理を欠く」「人情を欠く」「恥をかく」を作品を通して痛烈に批判していた姿と真逆の

特性が出ていますね(苦笑い)

 

 

 

【最速で圧倒的な成果を出す方法】TTP=徹底的にパクる

 

初心者どうやってもその業界でキャリアが長い人のように豊富なアイディア、無意識の決断、

考えてもいなかった別の視点からの考察。

 

 

 

初心者からみて本当に憧れますよね?

いつか自分もあんな淀みなく身体をしなやかに動かしたい、自分の考えを緊張せずスムーズに伝えてみたい。

 

 

 

 

でも何から手を付けて良いのは分からない。分からないから不安になる。

取り合えず手始めにやってみるが失敗の連続で自分にはセンス、才能がないのではと疑心暗鬼を生む。

 

 

 

 

結論、最初はみんな真似から始めませんか?

いや始めましょう。

 

 

 

成功したくても成功の方法が分からない、でも自分で試行錯誤してたら、

(調べていたら、遅くて、遅くて、それならその業界で成功している人を真似ればいい)

 

 

 

 

考え方は偉大な先生です。

 

控えめに言って見た目、経歴が似ていなからバレないだけ、

だから業界の成功者を真似れば、目的の場所に付くのが速く早くなる。積極的に真似ましょう。

 

 

 

 

真似したい人の○○が良いなと思った、心で感じたところを先ずは、丸パクリ徹底的に完全コピーするするだけ。

変に対抗意識やおごり高ぶり、プライドは一旦引き出しの中にしまい込んで下さい。

 

 

 

じつはここが一番難しいんだよね

 

 

 

もちろんコピーにも流儀・筋を通すべきところはある。

後は法律に触れない様にしておくこと、

例えば本に引用や論文の引用は引用先を記載すれば全部セーフです。

 

 

 

Knowing is not enough; we must apply. Willing is not enough; we must do.

知ることだけでは十分ではない。それを使わなくてはいけない。やる気だけでは十分ではない。

実行しなくてはいけない。byヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

 

 

 

TTP=徹底的にパクる、集客媒体、情報内容、

TTP=の肝は表面上の情報ではなくて本質的なところをパクることが大切。

 

 

 

他人の感覚、自分の感覚で集客、情報発信をしても中々刺さらない。

他人の感覚(成功者)(ノッテいる人)の意識を取り入れる。意見や質問をする。

 

 

 

あの偉人たちもパクることを推奨しています

 

ピカソはこう言っています「凡人は模倣し天才は盗む」

 

 

例えを挙げると、皆さん恐らく毎日の生活で欠かせない「スマートフォン」を最初に開発したのはどこかご存知ですか?

AppleのiPhoneだと思った人いませんか?

 

 

 

違うんだな~

 

 

 

GoogleでもMicrosoftでもありません。

 

 

 

フィンランドの「ノキア」という会社が最初に「Nokia 9000 Communicator」という機種の

「スマートフォン」を作ったそうです。

 

 

 

しかも驚くことに、1996年に完成させています。

しかし、ここで皆さんに問いたいことは、ノキアが最初にスマホを作った事実を知っている人は少ないですよね?

 

 

 

 

初代iPhoneが世に出たのが2007年に、スティーブ・ジョブズがノキアのアイデアをパクって、独自の改良を加えて

11年後の2007年にiPhoneを世に送り出しました。

 

 

 

そして、スティーブ・ジョブズはこう語っています。

ピカソは「優れた芸術家は模倣し、偉大な芸術家は盗む」と言った。だから僕たちは、偉大なアイデアを盗むことに関して、恥じることはなかった。byスティーブ・ジョブズ

 

 

 

 

あの偉大な発明家トーマス・エジソンはこうも堂々とパクる事について肯定的な考えを発言しています。

「商工業の世界では誰もが盗む。わたしもずいぶん盗んだものだ。 肝心なのは、いかに盗むかである」

 

 

 

サルバドール・ダリは真似ることの本質を説いています。

「何もまねしたくないなんて言っている人間は、何も作れない」

 

 

 

究極的に、オリジナルな人なんて存在しないかもしれませんね。

誰もが誰かの影響を受けていまも生きています。

 

 

 

赤ちゃんが喋ったり、笑ったり、泣いたり、歩いたりするのも、両親の真似から始まったと考えると、

実は真似るって人の成長や変化にとって密接な関係だとは思いませんか?

 

 

 

学は『まねぶ(学ぶ)』と同源で、「まねる(真似る)」とも同じ語源である。

その為、学ぶの語源は「真似ぶ(まねぶ)」とされていることも多いが、

「まなぶ」と「まねぶ」は同じ時代に見られる語で、その前後関係はハッキリしていない。

「真に似せる」の意味から「まね」や「まねぶ」が生まれ、「まなぶ」という語が生じたか、「誠に習う」の

意味から「まなぶ」が生まれ、名詞形「まね」と、その動詞形「まねぶ」の語が生まれたと考えている。

 

 

 

 

 

 

成功者の真似をしても失敗するだけ説

 

 

ここまでは真似ることのメリットを前面にアピールしました。

でも、多くの人が気付いています。

 

 

結局は真似ても成功できないよね?

 

 

成功者の真似をしても失敗するだけ、その本質成功者は成功者の真似はしてない疑惑。

例えば堀江貴文(ホリエモン)は恐らく誰の真似もしていない。

 

 

 

スティーブ・ジョブズ、マークザッカーバーグ、ビルゲイツ、も誰の真似もしていない

(多少の影響はされているかもしれないけど真似まではしていない)

 

 

 

誰かの真似をしている人は所詮誰かのコピーでしかない。二番煎じに過ぎない。

成功者の真似を出来ればある程度は近づくことは可能。

 

 

 

でも正直に言って『真似すらできないことが多々ありますよね(涙)

企業、副業、ダイエット、語学学習、人間関係、自己鍛錬などで色々と私は○○で成功しました。

と情報を発信しているけど、それを真似しても中々、自分の基準には届いていないことってありますよね?

 

 

 

 

結論から申し上げると

 

 

『今から挑戦する人』VS『もう挑戦し終えた人』の考え・経験の認知的なギャップにある。

これはどういう意味かと言うと、成功者と言う認知されている人はトライ&エラーの繰り返しを無数に繰り返している。

 

 

 

私達は様々な情報を得たり、技能を習得しようとしたりすると、スマートに泥臭さを忘れた方法をイメージしますが、

実際には色々なことを試し、色々な人に習いランダムな情報の中で、偶然自分にとって合った情報が得られるとい

うのが真実だと思います。

 

 

 

そのことを理解せずに、自分にとってベストな方法を1回で手に入れようとすると、残念ながら全くうまくいきません。

そう、理解してると情報収集がもっと気軽に楽になりますのでで是非やってみましょう。

 

 

 

つまり、行動の総量が多く、成功者でも初めからは自分が

『何を、どれくらい、どの期間までにやれば良いのか、挑戦する前からハッキリと分かっていた訳ではない』

 

 

 

行動量の積み重ねを繰り返して成功者までの臨界点を無意識の内に到達して

他人より秀でた立場にいつの間にか立っていたって訳ね。

 

 

 

 

成功者とて最初から基準の行動量は○○です事前に分かっていた場合は恐らく成功していないかもしれない。

目の前の目標と自分の実力のギャップに絶望して行動を躊躇するかもしれない。

 

 

 

 

では今日一日、三日でどれくらい、一週間、で短いスパンで

 

  • 何がしたくないのか?
  • 何が出来ないのか?
  • 何がしたいのか?
  • 何が出来そうなのか?を念頭に入れ小さくアクションを起こしましょう。

 

 

つまり、『イメージの100点満点よりも行動の1点が大切なんです。』

 

 

真似の極意・パクリの極意

 

 

賢明なる『ステキな暇つぶし』の読者の皆様は既に

イメージの100点満点よりも行動の1点が大切だと言う事はご理解頂けたと思っています。

 

 

真似る極意は2つ何処を真似ればいいのか?

 

 

1週間を真似る(成功者の一日のスケジュールを徹底的に真似る。)

成功している人が今の自分の立場ならどんなことをやっていたのか?

 

 

どんなことを心掛けていたのか?

どんな人と接していたのか?

 

 

自分が憧れている人の成功者の本やブログ、YouTubeなどをみて徹底的にパクる。

 

 

 

2基準値:スキルの基準、時間の基準、効率の基準、お金の基準、移動の基準、食事の基準、生活の基準。

この基準値をジワジワと上げている。

 

 

なぜその行動・決断をしているのか?

シッカリ考えて自分の腑に落としていくことが大切。

 

 

この二点が大切だと言い切ります。

成功者視点、憧れている人はどう考えているのか?どう決断するのか?徹底的に成功者視点で目の前の

課題に取り組むことが大切です。

 

まとめと告知

 

 

いかがでしょうか?

イメージの100点満点よりも行動の1点が如何に大切ということ。(質よりも量をまずは意識する)

徹底的に成功者の視点、考え方を取り入れたパクリましょう。

パクる時はプライドは一旦引き出しの中にしまい込んで下さい。

パブロ・ピカソ、スティーブ・ジョブズ、ダリ、エジソンなどの偉人もパクることを推奨している。

 

 

 

 

21世紀の変化の時代を生き抜くために〜
人生100年時代の到来を予測し、「人間には生涯を通じて、自分をどんどん変えていく能力が必要」 が迫られています。
20世紀までの【教育・仕事・引退】【学ぶ時期 学んだことを活用する時期 この概念が根底から変わります。
ステージの垣根を取っ払った人生が到来すると断言します。
人生を生き抜く上では、絶えず新しい知識を学び続け、新しい経済状況・新しい社会環境に適応する時代へ突入します。
変化への対応力の有無によって今後の人生が大きく変わることは言うまでもないでしょう。
チャールズ・ダーウィンはこう提唱します!
『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。
唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。』

今後生きる為に僕が必要な5Gではなく5つのCが鍵になる。

 

  1. Creative:クリエイティブ:(創造性)
  2. collaboration:コラボレーション:(共同作業)
  3. community:コミュニティー:(共同体)
  4. change:チェンジ:(変化)
  5. challenge:チャレンジ:(挑戦)

 

 

この5C無限ループ出来る人が世の中を劇的に変化させると信じています。

そこで僕と一度話してみませんか?

  1. ・次のステージに行きたい人・変化したい人
  2. ・取り柄のない自分から変化・進化したい
  3. ・「本当は〇〇してみたい!」けど他人の視線が気になり、アクション出来ない
  4. 忙しさに追われるの毎日から抜け出したい
  5. ・色々な価値観を持つ仲間とともに目的・目標を達成したい方

 

 

なんだコイツ!単純に面白そうと思った人、理念に共感できる人は話しをしましょう。

そこの貴方の~変化の時代を生き抜くための~サポートを今なら僕がお手伝いします。

 

 

TwitterのDMやお問い合わせにメッセージ頂ければ非常にうれしいです。

目標の再定義について助けます やる気の低下・挑戦への恐怖をコーチングでそっと後押しします。

もしこの記事が一瞬でも面白かったと思ってくれたなら、ぽっちとソーシャルメディアでシェアしてください。

シェアした人は今日一日が人生で最高の日になること間違いないです。

 

 

シェアは光の速さで世界を超えて宇宙にまで拡散させて下さい

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました