僕の活動の理念について

未分類

みなさんこんにちは11月も気付けば半分を過ぎています。2019年も残り一月半と終わりが見えてきました。

今年は自分の変革の年にしようと意気込み色々と新しい分野への自己投資をしてきたつもりです。

でも現実問題として直面している難題があります。

 

「人は変わりたいと言う願望を抱きながら、無意識に変化を拒んでいる」

 

何かを始めようと意気込んでも、最初の一歩が踏み出せない。今日出来なかった自分に明日の自分は変われるのか?

今日出来ないから、明日の自分も何も出来ないと反芻する。

 

 

会社ではやりたくもない仕事を自分の気持ちを押し殺し コキ使われて擦り切れて、使えなくなったら捨てられる。

まるで切れ味が鈍った剃刀の様に無かったことにされる。

所詮、自分は会社の捨て駒にしか過ぎない。替えはいくらでもいると会社に足元を見られている。

 

 

そんな精神状態では何をやっても無意味にしか思えない。

本当に不安で焦る。 焦れば気持ちは揺らぎ、 考えが狭くなる。 皆に取り残される不安。先の見えない不安。

変化していない現状への不安。このままではいけないと思うが、行動がついてこない。

 

 

そして、退屈で代わり映えのしない日常を支える為に、膨大な時間と意志力と体力を消費してる。

こんな無駄な時間を過ごしたくないと思いを巡らせながら本日はエグチの人生の根本的な考え方でもある。

 

 

変化への重要性とその難しさ、自己革命を起こし成長と成功を手にする為に、無意識を意識し立ち向かえば

良いのかを考えて書いてみました。

変化しないと摂取される時代が本格的に到来する

 

 

野村総合研究所は、日本国内における合計601種の職業の内10年から20年の間で、AIやロボットに据え置きされる

職業を計算した際に、なんと日本の労働人口の約49%が代替可能性と衝撃的な結果を公表しました。

 

 

ニュースをみてもAIが人類の仕事を奪うのではないか?その類いの報道が目立ちます。

また、著名人により様々なポジショントークも繰り広げられています。

 

 

例えば、物理学者のスティーブン・ホーキング博士が「人工知能の進化は人類の終焉を意味する」と発言すれば、

イーロン・マスク氏も「核兵器よりも潜在的に危険」と極端な発言をしています。

 

更にマスク氏は

 

「AIの安全性について関心がないならば、関心を持つべき。AIのリスクは北朝鮮のそれよりもはるかに大きい

「『規制』を好む人はいませんが、自動車・飛行機・食品・薬物など公衆に危険を及ぼすものは規制されていす。 

AIも規制されるべきものです」

 

イーロン・マスク氏はAIに否定的な人ではなく、潜在的な危険性には十分配慮した方が良いぞと警鐘を鳴らして

いるとは感じました。

 

 

イーロン・マスク氏のAIの危険性についての主張に反対のポジションを取ったには、FacebookのCEOである

みんな大好き、マーク・ザッカーバーグ氏はFacebookのライブ配信で、以下のことを主張しています。

 

 

「私は楽観主義であり、人工知能に対して否定的であったり、最後の審判が来ると語ったりしている人々が、

単純に理解できません。そのようなことは悲観的ですし、いろんな意味でかなり無責任だと私は考えています」

「AIについて反対するのは、交通事故を起こさない安全な車に反対し、病気を正確に診断できる手法に反対してい

るのと同じことです」

 

コチラはイーロン・マスクとは真逆で楽観論者としての立場からAIの未来について主張していますね。

 

主張:僕が考えるAIについて・・・

今コンピューターやAIが認知能力において人間と熾烈な競争しています。

AlphaGo(アルファ碁)が2015年10月に初めてプロ棋士に(ハンディなし)で破った初の囲碁プログラムです。

 

 

囲碁は人工知能が人間に勝つことが最も難しい競技で有るが故に、AlphaGo(アルファ碁)が勝利した事実は

人工知能の価値を広く浸透させるキッカケになります。

 

 

ここから予測出来るのは、近い将来必ず、人口知能が広範囲に活用され人類の仕事の多くは、

自動化またはAI代替えが可能になります。

 

 

ほとんどの専門職は、完全に仕事自体が消える事はありませんが、既存の仕事の概念が淘汰され

新しいルールや価値観が必ず出てきます、多くの職業は確実に変化の決断を迫られるでしょう。

 

 

例えば、医師の場合は新しい病気の治療の研究室などはAIと人の融合が絶対的に必要です。

頭痛や風邪など比較的症例数の多い病気の診断は全てAIで代行できると信じています。

 

 

更に、医療系ディバイスを身に付けておけば、血圧や脈拍、心拍数の変動で本人が自覚するよりも早く

体の異変にAIが気が付きスマートフォンなどのディバイスを経由して通知してくれれば非常に助かります。

医師の診察をせずに健康管理をしてくれるのはメリットしか考えられません。

 

 

簡潔に言えばよりその職業のコアな部分を人とAI共存し、雑務や比較的単純化した仕事はAIにより取って代わる。

テクノロジーの発展はの新しいルールや価値観の波に乗れない人は確実に取り残されます。

こんなにテクノロジーが発展しているのにまだ、無駄な仕事って探せばいくらでもありますからね。

 

AI時代に乗り越えるべき身に付ける能力

AI時代を乗り切るには変化への柔軟さと迅速な行動と、変化への恐怖心や抵抗感を少なくすることが

重要なのは理解出来たけが実際問題、その能力とは具体的に何を指し示しているのか?

ここでは3つの能力をご紹介します。

 

 

まずは、AI時代が突入しても必ず人間にやって欲しい仕事があります。

【寿司職人や作家や翻訳家】がとても良い例です。機械が美味しくシャリを握れてもやっぱり職人さんが、

握ったシャリとは必ず違うはずです。

 

 

AIには家電製品の説明書を代表されるような機械的な文章は書くこと翻訳するは容易に可能ですが、

村上春樹さんのように読んだ人が胸踊る文章、涙腺を刺激する文章は、今のAIでは書くことは出来ないです。

これは人間が持ち合わせている。創造性(クリエイティブ)】の賜物であると断言します。

 

 

 

AIは常に完璧な状態で世の中に提供されるのが当たり前なので、ある意味成長への歩みが見えないです。

しかし、人間には試行錯誤している姿を披露して、自分のファンを拡大していく方法が存在します。

一言で表現すると【自己プロデュース能力】ってやつです。

 

 

 

 

【自分の身体や五感に敏感であることです】

目で見ること、耳で聞くこと、鼻で嗅ぐこと、全てについて研ぎ澄ました感覚が必要です。

現代人は多くの時間をインターネットに費やし、こうした本能の能力を失いつつあります、

それによって、生き抜く力が低下すると思われます。

自分の五感に注意を払う能力が低下している今、改めて健康的に過ごす重要性が見直されるでしょう。

 

創造性やクリエイティブって何?

 

創造性(クリエイティブ)ってなんだ?

 

新奇で独自かつ生産的な発想を考え出すこと、またはその能力。創造性についてはさまざまな研究が行われているが、いまだにその本態について明快な結論は得られていない。 ※引用:コトバンク

 

 

僕が考える創造性(クリエイティブ)の定義はと・・・?

創造性(クリエイティブ)と言われると、天から降って降りてきた感覚をイメージしてしまうが、

実はその本質はシンプルで、誰もが出来る事柄を誰も出来ない熱量を投下し、何度も細かい問い続けること、

既存の知識と知識を繋ぎ合わせたり、細分化した結果が形になりそれが世間に認められた時にようやく、

創造性でありクリエイティブと思う。

 

 

僕の考える創造性の定義を前提にするとAIの技術が進むと、元からの知識の引き出しの量がケタ違いだから

創造性(クリエイティブ)な部分でもいずれAIが人間を超えるのも時間の問題だと推測する。

 

 

AIによって人間はどうなるのか?と言う考えも大切ですが、それは悲観的過ぎる考えが巡り、

まるで漠然と死期の訪れを待っているだけの、受け身な考えの無関心な傍観者である。

 

 

「どうなるか」ではなく、「どうありたいか?」「どうなりたいか?」 と問うべきであり

そしてそれを現実化する方法を模索する必要があります。

 

 

正解がいくつもある中でより自分が、しっくりくるのかを取捨選択出来るのは人間の大きな強みであり

創造性(クリエイティブ)な部分を存分に発揮できるところでもあります。

 

創造性(クリエイティブ)になるにはどうすれば良いのか?

 

世間に披露するorしないは別として、とにかく大事にしていることは小さな「問い」を自分で出し続けることです。

 

 

例えば 何が問題なのか? 何が原因なのか? 誰がキーマンなのか? どうしたら解決出来るのか?

似た事例はないのか? 自分に切実な動機はある問いか? 自分の力量で扱える内容か?

自分の立場・相手の立場、双方の立場にたって考えを巡らせてみる。

 

 

自分の体験や感じた見聞を洗い出し、必要な基礎知識を調べる。(用語辞典・ネット検索・法律など)

具体的な事例について(データ・ニュース・論文)などの取り扱い。海外など国や価値基準が異なる場所からも見る。

歴史的な背景も抑える。 スペシャリスト・著名人の視点や専門家の視点も取り入れる。

 

 

全ての日常にこの思考のプロセスを取り入れると、脳がパンクするので実践は出来ていません。

先ずは、一番初めに取るべきアクションは自分の気持ちを見える形にすることが大切です。

紙やPCのメモにとにかく愚直に今の本音を書き出す練習をおススメします。

 

AIが順調に発展した世界はどうなるのか?

確実に言い切れるのは、仕事の時間は減りもっと自由に過ごす時間の割合が多くを占めると推測します。

既存の仕事の概念が変化すると書きましたが、今までは「嫌いなことを我慢してお金を稼ぐ」時代から

今後は「好きなことではないとお金は稼げない」時代へシフト・チェンジすると思います。

 

ただし、『人間は物質的に豊かになった、しかし幸せとはかぎらない』とも言えます。

 

前よりも裕福になれば、前よりも生活環境が良くなれば、前よりも食料が多ければ、

過去に経験した悩みは無くなり、人生への満足感は上がり幸福になると常識を刷り込まれています。

 

現実問題では、平成26年は392万人、平成29年では400万人を超えています。多いものから、

うつ病、統合失調症、不安障害と続いています。 近年においては、うつ病や認知症などの著しい増加がみられます。

 

 

1つの理由が人の幸福 幸せの基準が客観的な指標に根ざしているからです。

幸福は期待によって左右されます。何を期待し、その期待が満たされると、脳内のドーパミンが放出され

快感を感じて幸福感を感じる様になります。

 

 

一方、期待が満たされないと、不幸や憤りを感じます。しかし、生活状況が良くなれば、自然とそれまでの感覚に

慣れてしまい、自然に期待値もおのずと上がっていきます。

 

 

心理学の分野では人間は達成感や楽しいことを経験している時に、満足感ではなく、

『もっと欲しい』と感じることがわかっています。この『もっと欲しい』という反応を示している限り、

満足することはまずありません。一言で表現すれば、ドーパミン中毒です。

 

 

個人レベルでも集団組織のレベルでもこの現象が加速傾向が強くなっていると断言します。

現代人は幸福と思われる欲求を獲得する力は身に付けましたが、その力を幸福へと転換する方法はわかっていません。

 

 

人間の欲求なので人間そのものを否定することになりかねない。

今までの文明の発展もこの考え もっと欲しい もっと良いもの もっと洗練されたもの

をこの もっと〇〇の思いが原動力となり今の世界があるのは周知の事実ですが、これからの課題は幸福の在り方

について再定義をしなくてはいけないと思う今日この頃です。

 

皆さんにとって幸福とは何ですか?

 

【まとめと告知】

いかがでしたでしょうか?

今回は僕の行動の理念・指針と今のテクノロジー関連の問題を無理に繋ぎ合わせてみました。

過去一番長い記事になって読むのも大変だとおもいます。

 

 

~21世紀の変化の時代を生き抜くために〜
人生100年時代の到来を予測し、「人間には生涯を通じて、自分をどんどん変えていく能力が必要」 が迫られています。
20世紀までの【教育・仕事・引退】【学ぶ時期 ・ 学んだことを活用する時期 】この概念が根底から変わります。
ステージの垣根を取っ払った人生が到来すると断言します。
人生を生き抜く上では、絶えず新しい知識を学び続け、新しい経済状況・新しい社会環境に適応する時代へ突入します。
変化への対応力の有無によって今後の人生が大きく変わることは言うまでもないでしょう。
チャールズ・ダーウィンはこう提唱します!
『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。
 唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。』

今後生きる為に僕が必要な5つのCが鍵になる。

 

  1. Creative:クリエイティブ:(創造性)
  2. collaboration:コラボレーション:(共同作業)
  3. community:コミュニティー:(共同体)
  4. change:チェンジ:(変化)
  5. challenge:チャレンジ:(挑戦)

 

この5Cの無限ループ出来る人が世の中を劇的に変化させると信じています。

そこで僕と一度話してみませんか?

  1. ・次のステージに行きたい人・変化したい人
  2. ・取り柄のない自分から変化・進化したい
  3. ・「本当は〇〇してみたい!」けど他人の視線が気になり、アクション出来ない
  4. 忙しさに追われるの毎日から抜け出したい
  5. ・色々な価値観を持つ仲間とともに目的・目標を達成したい方

 

なんだコイツ!単純に面白そうと思った人、理念に共感できる人は話しをしましょう。

そこの貴方の~変化の時代を生き抜くための~サポートを今なら無料でお手伝いします。

 

TwitterのDMやお問い合わせにメッセージ頂ければ非常にうれしいです。

もしこの記事が一瞬でも面白かったと思ってくれたなら、ぽっちとソーシャルメディアでシェアしてください。

 

シェアした人は今日一日が人生で最高の日になること間違いないです。

 

 

シェアは光の速さで世界を超えて宇宙にまで拡散させて下さい!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました